基礎検査の内容 その1 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

基礎検査の内容 その1


不妊治療は、検査をすることから始まります。不妊治療にとって検査は不可欠です。検査がなくっては、不妊の原因も治療方針もわかりません。また、男性と女性では検査項目や検査方法が異なります。女性に対しての不妊の基礎検査について、以下にまとめてみました。初診時に行われるのは、ほとんどが以下のような簡単な検査です。

不妊検査は、生理が終わった直後のタイミングで行なうのがベストです。

・問診や視診・・・全体的な病歴や遺伝的疾患、ホルモンバランスの乱れなどの確認をします。体型、乳房や性器のついての視診もあります。月経周期や性生活についてなどの質問もあります。
・内診・・・一般的な産婦人科の内診検査です。子宮の奇形やポリープ、びらんなどの有無がわかります。不妊治療中は内診を定期的に受けます。さらに、卵巣や子宮の様子を調べるために経膣超音波検査を受けます。
・基礎体温表・・・排卵周期を確認するため、基礎体温を記録します。初診時に2ヶ月以上記録した表があるようならそれを持参します。準備されていない場合は、記録をつけるよう指導されます。

不妊治療2回目以降には、受診時に生理の周期にあわせ、様々な検査が行われます。
・性感染症検査
・性交後検査(ヒューナーテスト))
・経膣超音波検査
・血液検査
・子宮卵管造影(HSG)
などです。病院の設備や担当医の方針などによっては行なわれない検査もあります。初診時には、検査項目や内容についてわからないことがあれば何でも質問しましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー