基礎検査の内容 その2 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

基礎検査の内容 その2


不妊治療のための基礎検査のうち、主なものは2回目以降の受診で行います。女性の受ける検査について以下にまとめてみました。

・性感染症検査
 妊娠する確率を低下させるおそれのある性感染症について検査する。まず、血液検査でクラミジア感染の経験の有無を確認。結果が陽性の場合、頚管の分泌物を採取し、現在の罹患を確認する。罹患中であれば、男性女性ともに抗生物質治療を受け、治療を行なう。マイコプラズマやウレアプラズマなど、そのほかの感染症の検査を行うこともある。

・性交後検査(ヒューナーテスト)
 性交後に、精子が子宮内を正常に動くことが出来ているかどうかを確認するための検査。性行為を行なった直後に病院へ行き、頚管の粘膜を採取して調べる。(この検査を行なわない病院もあります)

・経膣超音波検査
 超音波を使って子宮や卵管、卵巣の形や位置などを確認する。生殖器の疾患や異常などを調べるために行う。ブローグと呼ばれる棒状の器具を膣に挿入し、ブローグからでる超音波から得られる情報をモニター画面に映し出す。内診等、産婦人科の検査に慣れていない人は、最初は多少抵抗を感じるが、慣れるので大丈夫。この検査は、不妊治療が始まってからも受ける場合がありる。

・血液検査
 血中のホルモン濃度を調べるために行なう。月経周期に合わせてホルモン濃度を検査することで、排卵があるかどうか確認する。

・子宮卵管造影(HSG)
 子宮と卵管の形状、卵管閉塞などの異常をより厳密に知るために行なう。生殖器内に造影剤を注入してX線撮影を行なうX線検査。検査自体にかかる時間も、15分ほどとそれほど長くはなく簡単な検査である。ただし若干不快感を感じる場合もある。月経痛に似た痛みや、短時間の臍出血、短時間の失神やふらつきといった副作用も少なからず報告されている。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー