子宮卵管造影(HSG) 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

子宮卵管造影(HSG)


子宮卵管造影(HSG)とは、子宮や卵管が原因による不妊の可能性を調べるために行なわれます。子宮と卵管を、造影剤を使ってX線撮影し、卵管がきちんと通っているかどうかや、腫れなどがないかどうかを確認します。同時に子宮の大きさ、形状や構造も調べることができます。X線撮影そのものはすぐに終わり、検査にかかる時間は15分ほどです。ただし、器具を取り付けるなどの準備に多少時間がかかります。

子宮卵管造影検査に使用する器具は、その手法により色々ですが、共通の手順としては、まず第一に、子宮頸部を消毒します。次に、子宮頸部を正しい位置に保持します。この時、子宮頸部を一対の小さなピンセットでつまみますので、多少チクチクとした痛みを感じるかもしれません。続いて、造影剤を子宮頸部から子宮内部へと注入します。圧力をあげていくと、造影剤は卵管を通って最終的に腹腔内間まで移動していきます。X線撮影を段階的に進めることで、造影剤の通り道を追跡します。造影剤が卵管の末端から出てくるかどうかを確認することで、卵管の通過性を調べます。

子宮卵管造影で異常が認められると、腹腔鏡や子宮鏡、卵管鏡を使ってさらに検査が行われることがあります。まれに、検査に対する緊張や痛みへの過剰反応から卵管が収縮してしまい、卵管が詰まっているかのように判断されてしまう場合もあります。この検査の副作用として、月経痛程度の痛みや臍出血、短時間の失神やふらつきなどが報告されています。また、この検査を行うことで妊娠率が上がるという報告もあります。これは、造影により卵管が洗い流されたり、頸管粘液が改善されるためではないかといわれています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー