顕微授精 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

顕微授精


顕微授精は、受精を女性の体内でなく体外で行います。体外受精の一つの方法ともいえますが、体外受精よりも一歩踏み込んだ高度な不妊治療法です。体外受精が、一個の卵子が5万個ほどの精子と自然に受精するのを待つのに対して、顕微授精は、顕微鏡を使い、精子1個を卵子1個に直接注入して受精するのを待ちます。

顕微授精は、卵子や精子の採取、受精後の培養・移植といった、受精の仕方以外の方法は、体外受精とは全く変わりありません。現在主流となっている顕微授精の方法は、ICSI(イクシー:卵細胞質内精子注入法)という方法です。ICSIは、卵子の細胞質内に精子を一個だけ、極細のガラス管に吸引させて注入します。ICSIは、卵子に直接精子を注入することで、乏精子症や精子無力症といった、自然受精を困難にさせる男性側の不妊原因がある場合でも、効率的に受精を可能にします。

顕微授精で用いる精子は、射精された精子でもされていない精子でもよく、さらには凍結された精子でも受精が可能です。ただし、奇形のあるものや動きのおかしい精子は使うことができません。この方法は、1992年にベルギーで初めてヒトに成功してから、数十万例以上の成功例を挙げ、技術的に確立されました。顕微授精で妊娠する確率は、全国平均で28%程度です。費用や排卵誘発剤の使用方法などは、行う施設によって異なりますので、どの施設がどのような方法に取り組んでいるのかをよくリサーチしてみてください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー