元気な卵のために 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

元気な卵のために


高齢での不妊治療には、体外受精・顕微授精を選択することが多いです。体外受精・顕微授精の成功のカギは、健康な卵子が採取できるかどうかにかかってきます。もともとの卵子が元気であれば、受精した卵も順調な経過を進むことが望めるからです。

元気で良い卵のために、様々な薬が使われる場合があります。卵が自然に育っているときは、卵が成熟するのを見守って採卵を行ないますが、排卵が不規則だったり、排卵がないという場合は、卵を作り育てるために排卵誘発剤を使用します。

元気な卵を育てるためには、治療の最中での薬剤の投与も大切ですが、日々の食生活の中で気をつけることだけでも十分効果があります。最近、赤ちゃんを待ちわびる女性の間で話題になっているのがルイボスティーです。ルイボスティーは、活性酵素を除去するといわれるノンカフェインのお茶です。ルイボスティーに豊富に含まれているポリフェノールが、活性酵素を除去して、細胞の老化を食い止めるといわれています。ルイボスティーは、身体を温めてくれる作用もあり、生殖機能が活発に働かないといわれる低体温の女性には、特におすすめです。色や味は紅茶によく似ていますが、紅茶のような渋みはなく、後味もさっぱりしています。そのままのストレートティーで美味しく飲めますので、食事の最中や食後にもぴったりです。また、ミルクや砂糖を入れて紅茶風にしたり、ハチミツとしょうがを入れて飲んでも、違った美味しさを楽しめます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー