減胎手術 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

減胎手術


多胎妊娠とは、二人以上の胎児を妊娠することで、胎児も母体も様々なリスクを背負うことが知られています。不妊治療を行なう際に多胎妊娠が起こらないような方法が取っていても、そうなってしまった場合、母子の安全を考えて減胎手術をしなければないない場合があります。

減退手術のうち、よく用いられるのは、妊娠9週から12週目までの妊娠初期に、子宮の胎嚢(たいのう)に、直接針をさして胎嚢の中の胎児を減退するという方法です。このとき、超音波で針を確認しながら、針から化学薬品を注入します。亡くなった胎児は、通常、母体に再吸収されることが多いです。しかし、流産という形になる場合もあります。

減胎手術をしても、子宮内に残された胎児への影響は少ないと考えられています。しかし、確かな結論は出ていませんので、リスクが全くないというわけではありません。また、日本産婦人科学会としては、現在この減胎手術は禁止する方針ですので、減胎手術を行なう病院・施設はごく限られています。

多胎妊娠にならないような方法で、不妊治療を行なう医療機関も増えてきています。不妊治療の方法は病院や施設によって異なりますが、現在は
・治療方法を簡単にステップアップしない
・排卵誘発剤は使わない
・顕微授精は可能な限り避ける  などの、より自然な不妊治療を目指す医院が増えています。特に、高齢で行なう不妊治療の多くは、以前から体外受精や顕微授精などが注目されていたので、多胎妊娠になる可能性が高かったのです。リスクはあっても妊娠できる可能性をとるか、妊娠する可能性は少ないがリスクも少ない方法をとるかは、その医院や不妊治療を受ける個人の考え方により異なります。リスクも踏まえた不妊治療についての知識をしっかり持ち、自分達に最適な治療方針を持つ医院を選択しましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー