人工授精 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

人工授精


人工授精は、タイミング療法で不妊の治療を続けていてもなかなか妊娠しないという場合に選択する人が多いです。タイミング療法の利点は、治療費が掛からず、身体への負担も少ないことが挙げられます。その反面、妊娠までに時間が掛かるというデメリットがあります。特に、高齢での不妊治療は、時間がかかってしまうとその分妊娠もしにくいものです。妊娠後の流産の危険性も高くなってしまうため、早い段階で人工授精を選ばれる方が多いです。

人工授精とは、別に採取した精液を直接子宮に注入する方法です。カテーテルと呼ばれる細い管を使って、精子を卵子と受精しやすいところに人工的に注入し、受精を促します。次のような場合に人工授精が選ばれることが多いです。

・子宮頚管内の粘液の分泌が正常でない場合
・男性の精子が少ない(4000万程度まで)場合、無精子の場合
・性交障害がある場合

人工授精は、夫が無精子症の場合は、夫以外の精液を使って受精を行ないます。最近では、精子を遠心分離機にかけて、優良な精子だけを選別して注入するという方法が一般的です。受精に問題のない精子と卵子でも、人工授精が成功するとは限りません。妊娠の確率は、施設によって異なりますが、約10?20%と言われます。人工授精で妊娠が可能な場合は、4回までには90%を超える確率で妊娠が期待されるようです。6?8回行なって妊娠できない場合は、次のステップである体外受精に進むことが多いです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー