多胎妊娠 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

多胎妊娠


不妊治療を行なう上で知っておかなくてはならないことが、多胎妊娠です。多胎妊娠とは、一度に二人以上の胎児を妊娠するということです。二つの妊娠が起こることを双胎といい、三つ起こることを三胎、それ以降を四胎、五胎といいます。多胎妊娠は、自然な妊娠で起こる場合ももちろんありますが、最近多いのは、不妊治療を受けたことによる多胎妊娠です。

多胎妊娠は、胎児・母体ともに大きなリスクを背負います。統計によると、多胎妊娠の発生率は1980年代前半頃から上昇してきています。1984年からの日本のにおける10年間では、双胎の発生率は1.2倍増加しており、三胎は2.7倍、四胎では6.7倍、五胎で4.2倍に増加しています。三胎以上の多胎妊娠で考えますと、1995年には1974年の5倍の発生率です。

不妊治療を行なう一番の目的は、妊娠の確率を上げることです。その結果、出生数が伸びてきましたが、双子以上の妊娠出産も確実に増加しています。その原因として挙げられるのは、まず一つ目は、排卵誘発剤の使用です。これを使うと、卵巣の反応が強くなりすぎ、卵胞が非常にたくさん発育してしまう場合があるのです。そういった場合は、多胎妊娠が起こるリスクを考えて、妊娠しないように治療を一時中断することもあります。二つ目の理由としては、体外受精・顕微授精の治療によるものです。これらの治療は、妊娠の確率を上げるために複数の胚を移植して行なうからです。日本産婦人科学会では、このようなリスクを制御するために、移植する胚の数を3個以下と定めています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー