多胎妊娠のリスク 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

多胎妊娠のリスク


多胎妊娠による最大のリスクは、胎児、母体ともに生命の危険です。出生死産の割合は、単胎の場合が分娩1000に対して3.8であるのに比べて、多胎では15.7となり、約4.1倍にもなります。また、多胎児の新生児死亡率も高いことがわかっています。2000?2003年の4年間における単胎の早期新生児死亡率は、出生1000に対して0.70であるのに比べ、多胎では7.27と実に9.18倍です。

多胎妊娠は、他にも、流産や早産、障害の発生割合が高くなることが報告されています。妊娠中の母体への影響として多いとされているのは、つわりの症状が出やすいことです。お腹の中の胎児が多いと妊娠ホルモンが急激に上昇するために、つわりが起こりやすく、またひどくなります。また、胎児の生育に必要な鉄分も単体よりも多く必要とされるため、慢性的な貧血が起こりやすくなります。また、多胎妊娠は、妊娠高血圧症候群(過去に妊娠中毒症といわれていた)や合併症の発生率も増加します。

多胎妊娠には、単胎妊娠に比べ大きなリスクを背負うという危険性が存在しています。不妊治療での出生率の増加に伴い、現在は多胎妊娠の数も伸びています。そのリスクを回避するために、不妊治療を行なう際には、多胎妊娠にならないための手段が取られています。日本産婦人科学会では、体外受精・顕微授精で移植する胚の数は3個以下と定められています。それでも、多胎妊娠になった場合、母子の安全への影響を考えて、減胎手術をすすめられる場合もあります。多胎妊娠に対する不妊の治療方針は、病院によって様々です。その病院の治療方針をしっかり調べ、より自分達に合った病院を選ぶことが大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー