体外受精 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

体外受精


体外受精は、女性の体内での受精が難しいという場合に行なわれます。人工授精が、別に採取した男性の精子を女性の体内へ注入するという方法をとるのに対し、体外受精は、卵子を女性の卵巣から取り出して受精させ、また女性の体内に戻すという方法をとります。取り出された卵子は、男性の精子と受精させた後、シャーレーなどで数日間培養され、細部分裂(分割)の始まりを確認してから、女性の体内(主に子宮)に移植されます。そのため、不妊治療に体外受精が導入された初期のころは、「試験管ベイビー」と言われました。

体外受精が行なわれるのは、「妊娠成立の見込みが体外受精以外の医療行為によってはないと判断された」場合です。例えば、両方の卵管が閉塞しており、自然排卵が望めないような場合などが挙げられます。他には、次のような場合もあります。
・精子の数が少ない、精子無力症など、精子に問題がある
・精子に対して抗体がある
・重い子宮内膜症
・原因不明の不妊症
・高齢での不妊

体外受精は次のステップで進められます。
(排卵誘発→採卵→精子採集・調整→受精→培養→胚移植)
そして、移植後は黄体補充をし、妊娠判定が行なわれます。医師からインフォームドコンセントを受けてから、スケジュールを組み立てます。体外受精で妊娠する確率は20?40%といわれます。病院や施設によっても差はあるようです。これは、卵子の凍結方法や移植の方法の違いなどによります。また、その費用も施設によってはまちまちです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー