体外受精の現状 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

体外受精の現状


体外受精で生まれた赤ちゃんは、日本産婦人科学会の報告によると、2005年までに日本国内の累計で11万7589人と言われています。また、2003年の体外受精での出生児数は1万7400人で、これはその年の全出生数の1.5%だそうです。つまり、65人に1人の割合で体外受精による赤ちゃんが生まれたということです。

体外受精は、1978年に初めてヒトで成功してから、現在までにその技術は確立しました。また、1992年には、より高度な顕微授精が成功し、不妊治療に大きな成果をもたらしています。その一方で、一回あたりでの体外受精での妊娠の成功率は、それほど伸びてはいないこともわかっています。つまり、体外受精の治療数や体外受精での出生数の伸びは、同時に不妊患者の数の伸びでもあるのです。

不妊患者の数が伸びている背景には、高齢での妊娠・出産をされる女性が増えていることが挙げられます。ですから、「安心して妊娠・出産ができる年齢の限界は35歳以下である」という認識をあえて呼びかける産婦人科医もいます。女性が40歳以上で、なおかつ不妊治療を何度も受けても妊娠しない場合は、卵子の加齢による質の低下が原因であることが少なくありません。その解決方法として現在注目されているのが、「卵の若返り」と「クローン技術」です。これらの研究は、技術の安全性がまだ十分確立されていないために、日本での許可はされていません。しかし、将来的はこれらの技術も確立するでしょう。日本にも導入されれば、不妊治療には新たな広がりが生まれると思います。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー