高齢出産のリスク 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

高齢出産のリスク


高齢妊娠、高齢出産における「高齢」とは、およそ35歳以上での妊娠や出産のことをいいます。女性の身体のうち、特に妊娠・出産の機能は、年を経る毎に老化や衰えが顕著に現れてきます。それに伴い、高齢で妊娠・出産することは危険性やリスクも高くなるといわれています。

高齢妊娠・高齢出産は、リスクが大変大きいといわれます。では、なぜおよそ35歳を過ぎると、出産のリスクが大きくなると考えられるのでしょうか。その理由として挙げられるのが、染色体の変化です。

人間の身体は通常、22組44本の常染色体と、1組2本の性染色体を持っています。母親の卵子と父親の精子が受精した時、遺伝子情報は常染色体によって伝えられ、性別は性染色体によって決定します。男性の精子が毎日新しく作られていくのに対し、女性は、一生分の卵子をその身体の中に保持した状態で生まれ、一生のうちに卵子を新しく作るということはしません。身体の成熟・老化と同様に、この卵子も年齢とともに成熟し、やがて徐々に老化が始まります。

高齢出産のリスクで大きいのは、染色体異常です。染色体異常とは、卵子の老化に伴い染色体の数や構造が変化してしまうことです。染色体異常を持って生まれてくる赤ちゃんは、赤ちゃん全体の0.6%とも言われており、その異常の多くは、妊娠初期に流産する原因になります。染色体異常を抱えて生まれてきた赤ちゃんは、発達遅滞や知的障害などの影響があらわれます。しかし、異常が起こった染色体の場所によっては、その現れ方が違ってきます。また、同じ場所での染色体の異常でも、現れ方が全く同じと言う事はありません。ですから、症状は人それぞれで全体的には「○○症候群」という呼ばれています。医療の発達に伴い、手術や投薬による治療が可能になっている症候群もあります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー