妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症) 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)


妊娠中毒症とは、以前では、高血圧、尿たん白、むくみ(浮腫)のうち、妊娠前にはなかった症状が妊娠したことで一つ以上見られる場合に診断されていたものです。しかし2005年には、日本産婦人科学会によって、むくみは項目から外されました。その症状名も「妊娠高血圧症候群」と改められました。

妊娠高血圧症候群となる原因は、はっきりとはわかっていません。名称が改められた理由のひとつは、以前の名称にあるような、何か毒のようなものの中毒ではないということです。現在考えられている原因は、妊娠によっておこる様々な生理現象に何らかの原因で、母体がうまく適応できないためと言われています。

妊娠高血圧症候群は、どの年齢の妊婦でも起こり得ますが、高齢妊娠の場合はその発生率も高くなります。34歳以下の妊婦での発生率が11%程であるのに対して、40歳以上の妊婦では約30%という高い確率で発生するという報告があります。加齢とともに血管が老化するために、妊娠により血圧が高くなって発症するとも考えられています。症状を軽視し、そのまま放置しておくと、子宮へ流れる血液の量が減少し、胎盤の働きが低下して胎児の発育が悪くなってしまうという可能性があります。その上、母親自身の腎臓や肝臓にも、障害を起こす危険性があります。特に、高齢妊娠の場合は、少しでも症状を自覚したならば早めに産婦人科医に相談しましょう。予防は、年齢にかかわらず、減量と減塩が最も有効です。高齢妊娠の場合は、肥満や血圧家系の妊婦は特に注意し、予防に努めましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー