「子どものいない生活」という選択 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

「子どものいない生活」という選択


不妊治療を懸命に試み、長年にわたって努力してきたにもかかわらず、残念ながら赤ちゃんが授からないというケースもあります。どんなに努力していても、また、どんなに赤ちゃんを強く望んでいたとしても、いつかは不妊治療を終了しなければならない日が来ます。妊娠・出産に対する体力的な限界、出産後十何年にわたる育児に対する体力を考えた末の結論です。また、不妊治療にかかる費用を考えると、もうこれが限界だとしてあきらめる人もいます。不妊治療をやめる理由は、人それぞれなのです。

不妊治療をやめてしまう事は、深い失望感が伴います。何かに負けてしまったような敗北感、自分達に非があるような劣等感を感じる人も少なくありません。周囲の家族や身内、友人などは治療を終えることに理解を示してくれないこともあります。しかし、二人にとってこれからの一番望ましい生活のスタイルを決めるのは、最終的にはやはり夫婦二人だけの判断です。「子どものいない生活」を送るという決断も、二人によってなされるべき結論です。

不妊治療を終えることを決めたカップルの多くは、新たなチャンスのための新しい扉が開かれたと感じる人もいます。不妊治療中は、何かに追われるように必死だったと言う人も多いです。不妊治療には、我慢や忍耐がつきものです。それから解き放たれ、悲しみを乗り越えると、少し楽になったと感じる人も多いようです。不妊治療中は保留にしてあった夢や希望の実現に向けて、新たに生活を立て直していくことを積極的に選択していく夫婦もいます。

不妊治療をあきらめることは、新しい生活を得るためのスタートにもなります。夫婦二人が夢を持ち、充実して生きていくための、数ある選択のうちの一つに他なりません。カップルの二人ともが、その事実をきちんと受け入れて思いやりを持って支えあう必要があります。専門家によるそのような夫婦の心のケアを行なうところもたくさんあります。必要ならば、話を聞いてもらうことも大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー