タイミング療法 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

タイミング療法


不妊治療でも、30歳前半くらいまでの女性の場合は、比較的身体に負担のかからないタイミング療法や人工授精といった方法で十分かもしれません。

タイミング療法とは、基礎体温を測って排卵の周期を予測し、排卵日を狙って性行為を持つことで妊娠を可能にさせるという方法です。専門医の下でしっかりと指導を受けながら、正確に排卵周期を予測することができれば、この方法による妊娠の確率は随分と高くなります。現在、不妊専門の病院で妊娠が一番多いのも、このタイミング療法だといわれています。

タイミング療法の一番の利点は、治療費がそれほど掛からないということです。また、ほとんど自然に近い状態での妊娠になりますから、ほかの治療法に比較して流産の危険性も低いと考えられます。治療から妊娠に至るまでの身体への負担も少ないため、女性にとってはいろいろな面で安心もできるでしょう。逆に、欠点としては、妊娠するまでに時間が掛かりやすいということがあげられます。不妊の心配の何もないカップルでも、妊娠する確率は、一回の排卵周期で20?25%程度といわれていますので、多少でも不妊の原因のあるカップルでは、4?5回以上の回数が必要でも仕方がありません。

タイミング療法で一年ほど様子を見て、それでも妊娠しないという場合は、通常、人工授精などの次のステップを考えることが多いようです。少しでも不妊の心配があるという方は、まずは基礎体温を測り基礎体温表をつけましょう。自分の身体の周期を知り、その周期に基づいて性行為をもつことが最初の不妊治療です。他のどんな方法より、最も妊娠の確率の高い方法でもあります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー