病院について 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

病院について


不妊治療のための受診を考えるとき、まず頭に浮かぶのは産婦人科でしょう。産婦人科の中には不妊治療を専門にしている医院もありますが、個人病院には必ずしも不妊治療の専門医がいるとは限りません。不妊治療を行なう病院の設備や、医師の知識や技術にはかなりの開きがありますので、病院選びは慎重にすることをおすすめします。

不妊治療を専門としている病院や、専門医のいる病院は、当然ながら不妊検査や治療の経験も豊富です。一般の産婦人科医院ではできない、より精密な検査や治療を行なうことができます。生殖医療は日進月歩の分野です。新しい検査や薬剤、手技に遅れをとらないような検査・治療法などの専門性が重要となります。

不妊治療専門の施設には、治療にあたる医師が専門医であるだけでなく、不妊治療を専門とする看護師や胚培養士をはじめ、臨床心理士、カウンセラー、体外受精コーディネーターといった、専門的な知識と経験を持つ多種多様な医療スタッフが揃っている場ことが多いです。治療を進めていく間に、ほかの様々な専門医が必要になる場合もあります。男性の不妊には、男性不妊症(アンドロロジー)を専門とする 泌尿器科医が最適です。また、遺伝性疾患が原因とされれば、専門医による指導と診察を受けたほうが望ましいというケースもあるでしょう。不妊治療専門施設で治療を受ける事は、カップルが不妊治療のどこの段階にいようと、常に最善の医療を各専門医から受けられる安心感も得ることができます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー