不妊のサイン 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

不妊のサイン


不妊の人は、体にいくつかのサインが出てきます。女性の身体は、30歳を過ぎる頃から妊娠するための機能が徐々に低下するといわれています。身体の老化に合わせて卵子も老化することや、排卵のためのホルモンの分泌量が低下するなどがその原因です。健康な身体であっても、年齢とともに妊娠の確率は低くなっていきます。妊娠を望んですぐに妊娠できるとは限らないのです。

不妊とは、主に下記の条件に当てはまり、避妊をしなくなってから2年以上経つのに妊娠しないという場合、あるいは、排卵日にあわせて性生活をきちんと行なっているのに妊娠しない、という場合に考えられます。該当する人は、早めに産婦人科医に相談してみましょう。いくつかでも当てはまり、妊娠したいがなかなかできないという場合は、「不妊」を意識したほうが良いかもしれません。

◆女性の身体からのサイン
・生理の量が少なすぎる、あるいは多すぎる
・生理痛がひどい
・生理が重い
・生理の間隔が短すぎる、あるいは逆に長すぎる
・生理が不順
・無月経のときがある
・おりものに異変がある
・性交時に痛みがある

◆生活習慣など
・喫煙(夫婦ともに、またはどちらかの場合でも)
・極端な肥満
・無理なダイエットによるやせすぎ
・セックスレス(セックスの回数が少ない)
・ストレスにさらされている

◆男性の側の状況
・ED(勃起障害)
・性器を手術した経験がある

不妊治療は、高齢になるとその効果が出にくくなります。早めの相談・治療をされることが妊娠への近道です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー