不妊の検査 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

不妊の検査


「不妊」とは、避妊をやめてから2年以上経っても妊娠に至らない場合のことです。しかし、しっかりと2年を待つ必要はありません。特に、高齢で妊娠・出産をされる方は、常に不妊ということを頭の片隅におく方が確実です。少しでも不安があるというときは、勇気を出して一日でも早く病院に相談に行きましょう。

病院での問診は、最初は医師から夫婦生活のタイミングなどのアドバイスがされるだけということもあります。たいていは、本人の意思が尊重されたうえで、基本的な不妊の検査が行なわれます。検査の方法は病院によって異なりますが、通常は次の三つについて調べます。

・排卵が起こったかどうかを確認する
・精液を検査する
・生殖器の器質的な異常の有無を判定する

以上のことを調べるための一般的な検査の具体例は、以下の通りです。
・女性、男性それぞれに問診を行なう
・診察(たいていは女性のみ。内診と経腟超音波検査)
・基礎体温表のチェック
・性感染症の検査(クラミジア感染)
・精液の検査(男性のみ)
・性交後検査(ヒューナーテスト)
・血中ホルモン検査(女性のみ)
・子宮卵管造影(女性のみ)

不妊検査には、痛みのあるものや恥ずかしさを感じるものもあります。しかし、怖いとか恥ずかしいといって検査をしないままでいると、不妊の原因はいつまでたってもわからないままです。治療には検査が絶対不可欠ですから、勇気を出して望むことが大切です。検査について不安があるというのなら、まずはそこから相談をされてはいかがでしょうか。いずれにしても、医師との信頼関係を築き、何事も相談できる状態になることは、これから続く不妊治療にとっては欠かせないことです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー