不妊治療の費用 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

不妊治療の費用


不妊治療は高額であることを理由に、治療はもちろん受診までもためらう人もいます。確かに、不妊治療は健康保険適用外であることが多く、検査・治療費はすべて全額自己負担という場合もあります。また、高度な技術を要したり、特殊な検査や特別な装置を使うこともあるため、どうしても高額になってしまいます。さらに、一度で済む検査は少なく、複数回の検査が必要なことが多いです。受診のたびに同じ検査を受けるため、治療が進めば進むほど費用がかかっていきます。

不妊治療の検査や治療にかかる、だいたいの費用をあげてみました。
・初診(健康保険適用) 800?3000円程度
・男性の精液検査(健康保険適用) 300?4000円
・ヒューナーテスト(健康保険適用) 100?3000円
・タイミング療法(健康保険適用) 2000?7000円
・人工授精 一回につき10,000?20,000円
・体外受精 200,000?400,000円
・顕微授精 体外受精の治療費+50,000?100,000円

不妊治療の金額は、病院や施設によって大きく異なります。受診する前には病院によく確認をしましょう。また、自治体によっては、不妊治療費の一部を助成しています。こちらも一度、お住まいの自治体へ確認するのをおすすめします。

不妊治療の費用を考える時、気をつけてほしいことは、「治療費の金額=治療の質」では必ずしもないということです。金額が高いから良い治療が受けられたとか、逆に安いから良い病院だったということではありません。不妊症は、人によってその原因が異なります。治療費の高低で病院や治療方法を選択するのは間違っています。不安や疑問は、自分でどんどん医師に質問をしてみましょう。不安や疑問に真摯に答えてくれて、これからの治療を全力でサポートしてくれるスタッフのいる病院であるかどうかが、不妊治療を任せていいかを判断する重要なポイントです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー