高齢での不妊 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

高齢での不妊


「不妊」とは、WHO(世界保健機関)によると「避妊をしていないのに、2年以上にわたって妊娠に至らない状態」と定義されています。赤ちゃんが欲しいと望んでいるのに、なかなか妊娠できないでいる場合は、不妊治療をすることで赤ちゃんが授かるケースがあります。不妊治療は、現在全出産のうち13.7%の割合で治療が行なわれているという報告があります。つまり、8組に1組が不妊治療による出産であると考えられるのです。

不妊の原因の半数は、無精子症など男性の側にあるとも考えられています。女性の側の理由については、女性の体内での妊娠のメカニズムを考えた上で、大きく三つの因子に分けられます。
・卵子の排卵が上手く行なわれない排卵障害による不妊
・受精卵を子宮に輸送する卵管の輸送能力が低下する卵管性不妊
・子宮に着床されない着床障害による不妊

不妊は、特定の疾病や感染症によることもあります。その場合、病気を治療することで妊娠が可能ですが、女性の年齢が高くなり身体が老化していくと、もちろん妊娠しにくくなる場合があります。実際に、不妊治療を受けている年齢は、30歳未満は出産全体の7.6%であるのに対し、30?35歳では17.9%、35歳以上では27.3%との報告がされています。つまり、35歳以上の高齢出産では、4人に1人が不妊治療を行なっていたということです。病歴の有無にかかわらず、高齢での妊娠・出産を考える場合は、「不妊」という言葉を頭の片隅に置いておくほうがいいのかもしれません。少しでも不安に思うようなら、早めに産婦人科医に不妊の相談をしてみましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー