高齢での不妊治療 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

高齢での不妊治療


高齢での不妊治療法として代表的なものは、体外受精と顕微授精です。30歳前半くらいまででは、タイミング療法から始めて様子を見てから人工授精を試みるなど、身体への負担が比較的少ない方法で妊娠を待ちます。しかし、40歳に近い年齢で不妊治療を始めるという場合には、早い段階から、体外受精や顕微授精などの妊娠する確率のより高い高度不妊治療を行なうことがすすめられることが多いです。

高齢での不妊の人にかかわらず、女性は40歳代が近づくにつれ、妊娠する可能性が年々確実に減ってきます。もし、妊娠が成功しても、流産する確率も高くなるのです。ですから、高齢の人は高度不妊治療を早くにすすめられるのです。しかし、高度不妊治療も、いつまでも可能というわけではありません。年齢的な限界はもちろんあります。体外受精や顕微授精のためには、卵子の採取が必要です。様々な薬やホルモン剤を使って排卵を起こさせ、卵子の採取が可能な間は、不妊治療を受けることができますが、年を経ることによる卵子の老化自体は止めることはできません。

高齢の女性の卵子が老化してしまうと、受精する確率も、妊娠を継続させられる確率も低くなります。つまり、高度不妊治療を行なって卵子を採取できても、治療の効果は年々期待できなくなってしまうのです。費用の面を考えても、高額な体外受精を何度も受けるという事は難しいでしょう。高齢になってから妊娠・出産をお考えの方は、最初から不妊ということをまず意識されたほうがいいかもしれません。そのうえで、基礎体温を測り、排卵周期をよく知った上で、性生活を持つなど確実な妊娠に努めてください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー