流産 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

流産


流産は、妊娠数全体の約15%の確率で起こるといわれています。特に、高齢出産においてのみ起こるというものではありません。しかし、妊娠時の母親の年齢が高くなるほど、流産する率が高いというのは明らかです。高齢妊娠のリスクの一つに、「流産の可能性が高い」ことが含まれていることを、常に心構えとして持っているべきです。

流産についてのある調査結果では、25歳?35歳での自然流産率は10%程度であるのに対して、35歳?39歳まででは、その倍の20%程度にもなります。40歳以上になると、40%以上です。流産をしてしまう原因は複雑に存在しており、全てが解明されてはいません。しかし、流産した胎児を調べてみると、染色体に異常があるというケースが多く見られることがわかってきました。このため、流産の原因の多くは、その胎児の染色体異常が原因であるとも考えられています。つまり、高齢妊娠で流産が多く発生するのは、染色体異常の発生率も高いためと考えられています。

胎児の染色体に異常があったとしても、流産が起こらずに妊娠が継続される場合もあります。現代では、妊娠初期に羊水検査を行うことで、胎児の染色体異常の診断が可能です。染色体異常は、卵子が老化しているために起こると考えられており、その予防法を考える事は非常に困難です。

高齢での妊娠・出産における流産は、起こる確率が高いことから、万が一起こっても前向きに考えていく覚悟が必要です。高齢での妊娠・出産のリスクとは、確かに様々な点で高いとされていますが、それが必ず起こるというわけでは決してありません。高齢妊娠自体を否定されるということでもありません。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー