高齢出産とは? 〜 高齢出産

main_top_over_navi
main_top

高齢出産とは?


「高齢妊娠」「高齢出産」とは、高年齢での妊娠や出産のことです。高齢と聞くと、私たちは70歳以上、80歳以上のお年寄りをイメージすることが多いと思います。しかし、高齢出産の中の「高齢」は、身体ではなく、赤ちゃんを宿す子宮の年齢のことをさします。近年、女性が積極的に社会進出をし、また結婚などの価値観も多様化しています。それに伴い、中高齢での妊娠・出産を選択する女性も増えてきています。また、意識することなく自然に妊娠を任せた結果として、高齢出産になるという方も大勢います。

高齢出産の「高齢」とは、具体的には何歳からのことを指すのでしょうか。「高齢出産」は世界保健機関(WHO)でも使われている、世界に共通する言葉です。しかし、はっきりとした定義はされていないのが現状です。統計上または医学上としては、「35歳以上の出産」のことを「高齢出産」考えているようです。日本においては、日本産婦人科学会が「35歳以上の初産婦については、高齢初産である」と定義しています。以前は、30歳以上ともされていましたが、30歳以上で妊娠出産をする女性の割合は高く、様々な調査を元に、1993年には「35歳以上」と変更されました。

高齢出産と言われたり考えたりするだけで、不安に思う方も少なくないと思います。35歳を過ぎたからといって、急に身体的に何かが変わるということは勿論ありません。私たちの身体が年をとり徐々に老化していくのに伴い、妊娠・出産に対する危険性やリスクもだんだんと増していくということです。より安全な妊娠や出産をするためには、高齢出産について理解し、妊娠出産に伴う危険の回避・予防のために十分な処置をとりながら妊娠に備えることが大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 高齢出産 All Rights Reserved.

レンタルサーバー